にっき

メイゲツタカハシのオナニーショー

3月2日

 

春はあまり好きになれない。

べつに世間が春だあったかい花見だ歓迎会だ送迎会だなどと騒ぐのは全くもって気にならないし、新歓会場に移動すると思われる新入生の集団をニヤニヤと眺めるのは割と好きなのだけど、暖かくなってくるとなんとなくイライラしてくる。具体的に表現すると手にボンドを塗りたくって乾いたあとにはがしてもはがしてもボンドの皮膜が現れてくる、といった感じである。だからと言って事前にそれについて対策したり自分の心理を分析したりすることはしない。潜在意識やなんとなくのモヤモヤを顕在意識でいくら分析したところでわたしのようなプライドが高めな人間はいろいろと理由をつけて自分に都合の良い風に解釈するのだから。せめてこうして日記として自分の感覚やしたことを記録したほうが有益なのではないかと感じる。

これは決して必死に自己分析をしている就活生の皆様に喧嘩を売っている訳ではない。決して。あなた方は社会の宝だし、私の貧弱で考えなしなマインドよりも真面目でステキな感性をお持ちだと考えている。こういうのを慇懃無礼と言うんだ、とか抗議してこない器の大きさまで兼ね備えている。ただ、マイナビリクナビに適当に分析された末に迷惑メールフォルダにぶち込みたくなるほど(わたしは実際にやった)大量のメールを送りつけられる自分って一体……? と虚しくなってしまわないのかどうかに関しては是非とも詳細なインタビューを実施させていただきたいとは思う。

私は本当に信じられないくらいにおしゃべりだし、自分の話ばかりしてしまう傾向があるのだけど、自分はインタビュアーだ!と信じ込むと信じられないほどに人の話をしっかり聞けるので、最近たまにこの手法を使う。金子などには特に気を使うので、金子の話を努めて聞くようにしていたら普通に不審がられた。

今日は一日中オモコロをよんでいた。面白い記事ばかりでこんな素晴らしい人たちが同じ国にいるのか、と安心した。日本に面白い事を思いつく人間が少なすぎるので日本とかいう国をアメリカとかドイツに吸収合併していただいて(この先の思想を書くと外患誘致の疑いをかけられそうなので割愛)。でも、日本にはまだ全力でバカをやり、それがある程度商売として成り立っている界隈があるのか、と思うとなんとなくまだ大丈夫だと感じた。たくみんは笑いに厳しい(なんか笑いに対して本業の音楽と同じぐらいいちいち批評的になる)しインターネットの人大好きすぎてたまにインターネットの人っぽくなるのでオモコロとか多分たまに読んでいると思う。もしたくみんがこれを読んだら「おっそ」とかバカにされそうなので書くか否か迷ったが、なんかそれで今日のハイライトを日記に書けないのも癪なので書いた。

 

そして今日はオモコロ読んでたら終わった。多分今日の歩数50歩ぐらいだと思う。でもなんか超ダウナーだった昨日から比べるとかなりメンタルが回復した。よかった。

 

おしまい

 

 

2月25日

  

バイトがあると思って銀座の某社に行って10分ほど作業していると、少し焦った様子の社員さんからシフトに入っていない旨を伝えられた。間違ってバイトに行くなんて久々だ(いつも行きたくなくてなんどもなんどもシフト表を確認するため)。

結局1時間だけバイトをして帰った。

 

せいじくんにバイトがなかったとラインをすると一緒に作業することになったので、一旦家に帰って洗濯をして、新宿でパスタを食べてから西武に行って作業をした。私は何になるあてもないシットコムのプロットや設定資料(もはや遊びである)を、せいじくんはなにやら学科の仕事をしていた。

作業をしていると学科の助手さんから「卒業シナリオの企画書を一ヶ月以内に出せ」というメールが来たので、プロットを書き終えた私は再びワードを立ち上げた。何も書いていないワードのページを見ると、少しワクワクする。ワードのページじゃなくても、白紙やノートの新しいページを見ると、ここから何をしようと私の自由であり、私の責任であると嬉しくなる。

しかし、企画書の内容は驚くほどに浮かばない。びっくりした。こんなにも何にも浮かばないことがあるのか、と。作業中のせいじくんに無駄にいろいろと話しかけながらポツポツ書いたりしていたが、「なんか違う」感が否めず、結局まっさらのワードに戻った。隣の席の人がイラっとすることを話し始めたので、嫌悪感なのかなんなのか聞き入ってしまい、余計に何も浮かばない。どうでもいい他人の会話は、基本的にイラっとするのだが、特にイラっとするのが悦に入っている人の会話である。

それはさておき、そんなこんなでもう夜も遅いし帰るか、ということで新宿を後にして一人で電車に乗って帰った。その車内で、なんとなく「愛しさ」の意味をネットで調べた。

www.weblio.jp 

おそらく知っていたはずなのだけど、愛というのはいわゆるハッピーでキュートでポップなものではないのだ、と。電車を降りて、帰り道に愛と憎しみの関連について考えていた。私のようなお気楽人間は「愛」なんてものとは距離を置いているつもりだけど、自分のことはそれなりに愛していると思う。しかし、自分のことを本気で憎んだことは一度だってない。というか、自分自身を心の底から憎いと感じられる人はなかなか居ないのかもしれない。まだ私の人生経験が浅いだけかもしれないのだが。

 

ということでこうしたことをテーマにして3月に入ったら企画書を書き始めようと決意した。

 

 

 おしまい

 

 

 

mov.からencoreでDVD焼く方法

 

 

  

まずcs6でmov.を開く。

そうすると4:3で出てくる。なんで16:9のファイルが4:3で出てくるのか果てしなく謎なんだけど。

プロジェクトの該当ファイルを右クリック。

変更でフッテージを変換をクリックしていい感じになるやつ[HDアナモルフィック1080(1.333)]を選択。

それでシーケンス(要はタイムライン)にドラッグしたら  「シーケンス設定と違います」みたいなこと言ってくる(そもそも最初に設定できないのがおかしくない? 環境設定でいじれるようにしろし)ので「シーケンス設定を無視」的な方を選択。するとちゃんと16:9になる。

そのプレミアのファイルを書き出しもせずに保存して、次encore開く。

それでタイムラインタブ(右上にある)を選択してダブルクリックすると ファイルが選べるのでそこからさっきのプレミアのファイルを選択してさらにシーケンス1を選択。

そしたらタイムラインにちゃんと16:9になったファイルが並ぶ。

それから左上のファーストプレイとか色々をなんとなくいじってビルドタブをクリック。

出力をDVDディスクにして、プロジェクトをチェック。 問題なければビルド!

そしたらトランスコードしてDVD焼くとこまでやってくれる。

 

そのまま寝ても朝になればきっとDVDが焼けている、はず!!!

 

 

 

 

 

1月26日

 

 

朝8時頃に一度起きて8時45分頃まで二度寝。これが最近の日課になりつつある。

今日はバイトだったので起きて化粧(と言っても顔を洗い、眉毛を書き、マスカラを塗るだけ)をして家を出た。

土曜日の朝は電車が比較的空いているので座れた。何も考えずにカーディガンズのベスト盤を聞いていた。

バイト先の最寄駅に着くと、まずキオスクでタバコを買った。昨日の夜シナリオを書きながらバカバカ吸ってしまったせいでタバコが切れて、買いに行く気分にもなれずにずっとしけもくを吸っていたので、買ったばかりのタバコを見ると嬉しくなった。しかし電車が多少遅延したせいで出勤前にタバコを吸う時間はなかった。

バイト先に着くと年下で体のでかい男の子がいた。わたしのバイト先のバックヤードには更衣室なんていう立派なものやロッカーという高度な文明は存在しないので、男の子はいつもバックヤードに入るときに大きめの声で「入っていいですかー」と尋ねなくてはならないのだ。女の子は別にズカズカ入って行っても大丈夫なので、わたしは入ったわけだが、その体のでかい男の子を追い出して着替えるほど恐ろしい人間ではないので、先に着替えていただいたわけである。いつも思うのだけど「入っていいですかー」と男の子の声がして「まだー」とか「もうちょっと待ってー」とか女の子が慌て出すのは高校生の頃に戻ったみたいですごく懐かしい気持ちになる。

土曜日だった事もあり、バイト先はそこそこ忙しかったが、仕込みをしながらWの悲劇のテーマソングを鼻歌で歌っていた。今日ペアだった女の子がてんてこ舞い(とはいっても彼女は仕事ができるのでてんてこ舞いってほどにはならないのだけど)でオーダーをこなしている間に、いい気なもんだな、と書いていて思った。今度からは鼻歌を歌うのはやめようと思う。

バイトを終えて、喫煙所に駆け込み、やっとのことでタバコを吸った。味はまずいけど精神的にはうまい、謎の一服である。

家に帰る道中、なんとなく体調が悪くなりそうな予感がしたのでゼリー飲料をコンビニで買った。今現在その予感は杞憂に終わりそうだ。

家に帰って、しばらくビッグバンセオリーを見るなどしたが飽きたのでそろそろ締め切りのやばいコンクールに備えてシナリオの直しやら企画書やらをやった。いつもシナリオを書くときはだいたい、アイディアを出すのが憂鬱で、書き始めてしまえば楽しくなっていくのだが、今回のシナリオはアイディアを出すのは楽しかったが書くのが憂鬱で仕方がなくて、登場人物全員を憎みながら書き、途中でいやそれではいけない!愛さなければ!と思い直して改訂していくと次第にまた登場人物全員が愛おしく思えてきた、という謎の展開を辿って完成しつつある。謙遜でもなんでもなく面白いのか否か自分でもわからないが、登場人物に愛を持って書けばだいたいのシナリオはなんとかなることを学んだので大きな成果と言える気がする。バカみたいな話だとは思うけれど、選ぶ言葉の端々に愛は滲み出る気がしている。そんなものを制御できない奴が物を書くなと言われればごもっともなので、大きな声では言えないが、やっぱり愛は必要である。

そんなこんなで1日が終わりそうだ。なんとなくゼリー飲料でも飲んで風呂に入って寝ようと思う。短いけどおしまい!

 

11月23日

 

 

朝起きると風邪っぽくて熱があったので自主休講してシリコンバレーを見た。シリコンバレーはたくみんが大好きだというのでなんとなく見ていたのだが、あんまり面白さがわからなくてそこまで熱中して見ていなかったのだけど、シーズン2の終わりぐらいから見ると死ぬほど面白くなってきてびっくりした。やはり人間ハラハラがあると面白いと感じるのだと思った。

 

それから死にそうになってきたので抗生物質を飲んでしばし寝た。

 

目を覚ますと楽になっていたのでクラッシングを見ながらシナリオを書いた。書いたとは言っても気に入らないシーンを多少アリかもと思うシーンに差し替えただけなので進んではいない。道のりが長い。クラッシングは地味にクリフハンガーを残して終わっているのでなんとか続いて欲しいなと感じている。ちなみにフリーバッグはシーズン2が制作されるらしいのだが、どっちかっていうとクラッシングの方が見たい。フリーバッグは1人称物語であるがゆえに早く限界が来てしまうような気がしている。もっとも、フリーバッグに関してはBBCとかいう大いなる力が働いているので視聴者の母数が多い分作りやすいのかもしれないけれど。しかし、公共放送の系列局でフリーバッグみたいなドラマが出来るのいいなーと思う。NHKも攻めてるっちゃ攻めてるけどさすがにフリーバッグレベルの番組は無理だと思う。

 

それからオレンジイズザニューブラックのシーズン6を見た。ここまで書いてあれだけどドラマばっかり見てないで映画みろよと思う。セルフ言い訳すると映画だと流し見できないのが嫌なのだ。というわけで後半に差し掛かるあたりまではすでに見ていたoitnbをなんとなく作業などしつつ見ていたのだけど、シーズン終盤に差し掛かるにつれ大いなる権力の交錯やらなんやらが色々と迫ってきて結局作業そっちのけで見てしまった。ていうかもう主人公刑務所出ちゃってるんだからこれで終わりじゃね? と思ったりもしたがやはりまあ大円団で終わるためにはシーズン7も必要なのかもしれない。おそらく私の予測ではパイパーが出所後ぶち当たる壁を申し訳程度に描きつつテイスティに対する色々やらなんやらが起こるのだとおもう。ていうかそうじゃなきゃテイスティ廃人になる。いやあほんとうに面白かった、最終話。けれどもシーズン7はよっぽど評判が良くない限りきちんとは見ないかも。シーズン6も中盤かなりしんどかったし。というか重警備の人間関係だいたい把握しておけば最終話だけでいいかもしれない。やっぱりシーズン4後半〜5がいちばんすきだ。構造的には群像劇のお手本みたいなドラマだと思う。

 

というわけで体調よくないくせについうっかり深夜まで海外ドラマを見てしまったのがバレてしまう日記になった。oitnbに興奮してまた熱が上がってきてしまったので抗生物質を飲んで流石に寝ようと思う。

 

ちなみに全然関係ないが、そろそろ課題のタイトルをきちんとつけようと3秒くらい悩んだのだけど、いいのが思いつかず、早稲田の友達が何年か前に撮った映画のタイトルがなんか良かったことをを思い出して検索したら「私は寝てるね、おやすみなさい」だった。うん。なんかこういう女性作家感のあるタイトルをつけられるのは早稲田大学に受かった人だけに許された権利なような気がしてやっぱりわたしには無理だと思った。ロマンチックさに欠ける地味なタイトルで勝負しようと思うがやっぱり思いつかない。かつてメモ帳にストックしていたタイトル案を引っ張り出してみたけれどやっぱりどれもノーブルさに欠けたのでセルフ拒否した。明日バイト中にいいシーンなりなんなり思いつくことを願うばかりである。

 

 

おしまい!

11月17〜18日

 

昨日書こうと思っていたのにそのまま寝てしまったので、昨日のことと今日のことを少し書く。 

おとといの夜から昨日の朝にかけて、かっかちゃんと電話をした。 よくそんなにしゃべることあるな、と思うが、話が途切れることなくずっと続いてしまい2人で楽しく朝を迎えた。夕方から一緒に化粧品を買いに行く約束をして、電話を切った。

それから朝風呂でもしようと思い至ったので、お風呂にお湯を張ってしばらく使った。ユニットバスなので長風呂はできない。前の家に住んでいた頃、単身者にしては風呂場が広かったので、3時間ぐらい平気で浴槽に浸かって歌ったりサウスパークを見たりギルモアガールズを見たりしていたのだが、今の家はユニットバスなので30分が限界だ。近くに銭湯があるので、行ってみたいと思いつつも面倒で、今度誰かが泊まりに来たら一緒に行こうと企んでいる。

そういえば、ユニットバスで入浴する際の正しい手順がわからない。個人的にはまずお湯を張って浸かり、飽きたら栓を抜いてお湯を流しつつ体などを洗うのが一番効率的だと感じているのだが、もしかするともっといい方法があるのかもしれない。しかし、現状特に不満はないので何か革命的に良いアイディアがない限り採用することはないだろう。

風呂から上がると貧血なのかのぼせたのかよくわからないのだがキッチンでぶっ倒れて、床の汚さに驚愕した。5分ぐらい倒れていると通常モードになったので、即掃除機をかけてもう一度軽くシャワーを浴びた。昔献血に行った際、スタッフの人に「濃くて多い、最高!」と言われる程度には血の量が多いはずなのだが、時折貧血なのかなんなのかわからないクラクラに襲われる。ああいう時、なぜ目の前が暗くなるのだろうか。しかも完全に真っ暗ではなく、大量の黒い粒子が目の前に発生する感じなのだろうか。わからない。別にわからなくても困らないので検索するモチベーションが湧かない。

 

それからおとなしく眠って、11時頃起床した。多少夢を見ていた気がするが覚えていない。恐ろしくなるほど晴れていた。

かっかちゃんにお伺いのラインをすると迷っていたのでタカハシ的にはどっちでもいいよ的なことを返してコーヒーをのんだり洗い物をしたりした。それからネットサーフィンしては冷蔵庫に何か食料がないか探しに行っては撃沈する動作を3回ほど繰り返した後、よく考えれば卵とベーコンとソーセージがあることに思い至り(なぜ3回繰り返した際気がつかなかったのかは自分でもわからない)、ベーコンエッグでも作ろうか迷ったが、タバコを吸ってお茶を飲むと空腹は大したことなかったことに気がついてやめた。

そんなことをしているとかっかちゃんから「行こう!」とラインが来たのだが、当初の予定より2時間ずらそうと提案した。完全にノロマモードになっていた故、当初の待ち合わせ時刻に間に合うように準備するのが不可能な気がしたためである。それから2時間ほどだらだらして、家を出なければならない時刻の2時間前になったので、HSかと思われそうな速度感で顔にいろいろなペーストや粉や液体を塗り込み、服を着てちっこいカバンに最低限の荷物を詰めて家を出た。それでも30分遅刻した。

あらかじめ遅刻する旨をかっかちゃんに伝えてはいたので、待たせることはなかった。よかった。百貨店のコスメコーナーでかっかちゃんはアイシャドウ、わたしは化粧水と乳液とリップを買った。散財である。

それから絵の具を買わねばいけないかっかちゃんについて世界堂に行き、0.03mmのドローイングペンを2本買い、リップクリームを買いたいかっかちゃんについてプラザへ行き、缶のワセリンを買った。  余談だがたくみんはいつもリップクリームのことを「リップク」と略すのだが、聞くたびに変だと思う。あと「懐かしい」を「懐い」と言うのはギャルっぽいなと思う。

プラザでしつこく喉が乾いた旨を主張したことが効いたのか、かっかちゃんがお茶に付き合ってくれた。私はペプシと水3杯、かっかちゃんはオレンジジュースと水1杯を飲んだ。

そしてわたしは家に、かっかちゃんは学校へ、それぞれ帰って行った。

 

 家に帰って乳酸菌のサプリを飲んで、お茶がなくなりそうだったので作り、多少部屋を片付けていると眠くなったので寝た。

  

今朝、どんな夢を見たのか覚えていないのだが、8時14分に目覚めたことは覚えている。キワコから「お姉と終電逃した……」「解決したわ!」というラインが来ていた。あの姉妹はなんか仲が良くて羨ましいが、仮にわたしに姉が居たとして確実に犬猿の仲であるのは目に見えているのであまり羨ましいと思わないようにしようと心掛けている。

それから課題も何もせず絵を描いたり色々してまた寝た。それからバイトが昼休憩中のそんひょんとラインをして、ネットサーフィンをして、おとといの夜から洗濯物を干しっぱなしであることに思いを馳せ、夕方休憩中のそんひょんとラインをして、2回も休憩があるなんて羨ましい限りだな、と思ったりした。

そしてなんとなくクロームをアンインストールしてオペラをインストールした。イマイチ使い心地が悪い。ファイアフォックスにすれば良かった。

そして現在オペラからこれを書いている。

これからの予定としては、ベッドのシーツを替え、シャワーを浴びて乳酸菌サプリを飲み、寝る。

今日という日の薄さが際立つ日記である。

 

 

おしまい!

11月16日

 

 

今朝はどんな夢を見たのか忘れてしまったが、悪い夢ではなかったと思う。

起きると、バイト先の社員が移動になった旨を伝えるラインが来ていた。かなり仲が良い(遅刻やその他驚異のズボラさがゆえに怒られる事も多かったけど)人だったのでとても驚いた。別に悲しくはなかった。今生の別れってわけでもないし。

移動先は池袋らしいので、また遊びに行くねとラインをした。計画を立てねば。

それからアディダスのプルオーバーパーカーとチェックのミニスカートを履くとアメリカの女子高生みたいになったので、久々にリュックサックで大学に向かった。このリュックサックは元々父親が使っていたもので、かなり年季が入っている。グランジという言葉では済まされない程度に。ところどころ穴が空いているので、修理しようと思いつつもめんどくさくてそのまま使っている(機能的には問題ないので)。

大学に着くと、ファッションの授業でルイ14世が双子だった、みたいな話の映画を見た。ハチャメチャに有名なのに、いつも名前が出てこない俳優が主演だった。最近悪徳オヤジみたいな役ばっかりやってる人で、昔はロミオとジュリエットとかに出ていて(あのトチ狂った設定の、カーディガンズのやつ)、と書いたところで検索すればいいことに気づいて検索した。レオナルドディカプリオだ。

いつも授業を一緒に受けている子がいなかったので、今日は2限だけ受けて家に帰った。洗濯がしたくて。しかし、乗り換え駅で長袖のTシャツが2枚くらいしかないということに気が付いたので、ZARAに寄って同じ形のシャツを色違いで2枚買った。

さあ帰ろうと駅に戻ると、靴下が6足1080円で売っていたので、ストッキング3枚と靴下3足を買った。また、定価500円のちょっといいストッキングが半額だったのでそれも買った。さらに、定価800円のかなりいいストッキングも半額だったので、それも買った、結果2000円近くも靴下に使ってしまった。飲み過ぎでかなり金欠なのに。爪に火を灯して生活せねばならないのに。しかもかなりいいストッキングに関してはいつ履くべきなのか自分でもイマイチわからない。しばらくおしゃれして出かける機会はなさそうなので、なめられたくないときに履こうと思う。勝負ストッキング。

そうしてなんとか家付近までやってきて、隣駅で降りて、松屋でおろしポン酢牛豚(並)を買って、そこから歩いて家に帰った。

家に帰るとなぜか食欲が消え失せたので、とりあえず洗濯でもしようと思い至り洗濯をした。思ったより洗濯物が少なくて驚いた。それから雑巾でも縫おうと思っているとお腹が空いたので、牛丼を温めて食べた。食後にコーヒーを飲んでいると急激な眠気に襲われ、いつの間にか眠っていた。

変な夢を見た。過激かつ複雑な夢だったので内容は割愛するが、とりあえず変な構造の家だった。押し入れの上に部屋があり、またその上にも部屋があるのだが、階段が一切存在しない家だった。

自分以外の人はどうなのかわからないが、夢に登場する人間は複数の知人がミックスされていることが多い。今日の夢は戦闘系だったのだが、対戦相手は高校のときの同級生と大学の同期が混ざった感じの人であった。対戦相手のお母さんが登場したのだが、そのお母さんは完全に高校の同級生のお母さんだった。意外と優しかった。お父さんも登場したのだが、厳格そうではあったものの、印象の薄いひとだった。最近よく戦う夢を見るので、検索してみると、ストレスだなんだと書かれていた。だいたい夢診断とか夢占いといったものはイマイチ信用していないのだが、ついつい調べてしまう。そして「奥歯が抜ける夢は大切な人を失う暗示!」みたいな小見出しを見て、たいそうげんなりするのである。なら見なければいいのだが、結局また全裸で衆人環境にいる夢なんかを見たりしていそいそと検索してしまうのだ。結局私はどんなに格好つけていても結局は夢に意味を求めてしまうタイプの人間なのだろう。

うたた寝から目覚めると時計の針が5時半を指しており、朝なのか夜なのかわからなくて少し焦った。胃がもたれていてしんどかった。さっぱりおろしポン酢牛丼なのに。

意識がはっきりしてくると急激に暇な気がしたので今日買ったストッキングの中で一番かっこいい気がしたパッケージのフォントをパクろうと思ったがイマイチうまくいかなかったので適当なところでやめてなんとなくステッカーにできるようにした。

そして今更雑巾を縫うのもめんどくさくなってきたのでこうして日記を書いている。

久々に2日連続で日記を書けたのでしばらく続けたいと思う。

 

 

おしまい