にっき

いろいろ考えます

1月22日

 

 

 

朝起きたら14時半だった。寝るのが遅かったといえ、何時間寝てたんだろ。

母親から着信が6件も来ていたので、驚いて電話するとゆうパックがついていなくて連絡が来て、わたしに電話をしたらしい。余計なお世話も甚だしい。これは母親に対してではなくゆうパックの配達員に対して、だ。だいたい、ゆうパックの配達員は「何様?」っていう態度で電話してくるし、電話してきたあとわたしより早く電話切るしで失礼だなあと前々から思っていた。好きじゃない。

 

そのあと、17時から友達の自主映画の打ち合わせがあったけどやむをえない用事ができたと伝えて取りやめて、洗濯機をまわした。現に洗濯物が死ぬほど溜まっていたし許してほしい。でも、19時から全体顔合わせがあったのてそれには顔を出そうと思って、適当に化粧をして行った。しかし財布を忘れた。基本的に知らない人は敵なので顔合わせではみんな嫌いだったけど、その後の飲み会で話すとだいたいみんないい人だった。ただ、ひとりだけいけ好かない男の人がいて、その人が今度わたしのバイト先に来るとか言い始めてまじ勘弁してくれ、と思った。自分のうんちくを語り出す男は嫌いだし、かっこよくないのに女にモテる男は嫌いだし、かっこよくないのに女にモテることをほのめかしつつモテない自虐を始める男は本当に嫌いだ。ここまで嫌いを連呼すると逆に好きみたいな少女漫画的なフラグが立つのが常なのだが、本当に嫌いだ。でも、結局その男含む5人と朝まで飲んでいた。朝まで嫌いだった。

店を出て、歩いていると例の自主映画にわたしを誘ってくれた友達といけ好かない男が一緒に消えた。なんとなくイヤーな気分になって、財布を忘れたという事実と2人ともそのあたりの地理に詳しくないことをいいことに、その友達の友達と2人で「お金がなくて帰れない」とか「今どこにいるのかいまいち検討がつかない」とかラインを送りまくった。どうせ向こうはお楽しみ中だし返信は来ないだろうと高を括っていたのだけど、驚くべきことに返信がきた。その友達の友達とわたしは自らの勘ぐりと行動を恥じて、しかし嘘は突き通して、その友達と合流して千円借りた。本当にお金はなかったし。お金を貸しに来てくれると知った時は2人とも「なんていいひとなんだ」「こんないい人を疑った我々は心が汚れている!」とか言い合っていたわたしたちだったのだけど、いざその子が現れるとまたゲスの勘ぐりが始まった。というのも、その子はコートも羽織らず走ってやって来てくれたのだけど、「えー、帰ってたのにごめんね(この時点で若干カマをかけている)」「コートも着ずに…」などと言うと「うん、、、、」となんとなくぎこちない雰囲気で、さらにわたしたちが駅へ帰るのと同じ方向に家があるはずが、お金を貸してくれた場所で解散し道路を渡ってよくわからないビルへ入って行ったのを目撃してしまったのだ。わたしたちは、よくわからないけどあれは2人で意図的に消えたと結論づけて、適当なコンビニでその子から貸してもらった千円で海鮮肉まんという肉なのか魚なのかいまいちわからない具の入った肉まんを食べて帰った。

だからと言って、いけ好かない男と消えた友達とわたしの友情が壊れるということはない。これが女の友情のややこしい、男の子からすると「怖い」部分なのだ。きっと、次に会った時わたしとその友達とはお互いに何も知らないふりをしてスムーズにコミュニケーションを取るのだと思う。ああ、自分で書いてても異常。でも大人ってそういうことだよって篠原涼子が言ってそうだし、頑張って生きていこう。

 

なんか、今日は嫌いなものばかりだった気がする。そういえば飲み会でも「なつきちゃんって嫌いなもの多いよね」って言われてさらに「アンチテーゼの塊みたいな」って言われてアンチテーゼというワード自体にピクリとしてしまった。

 嫌いなものが多いというか他人の嫌な部分しか見つめられないのかもしれない。はじめは欠点なんてない、素晴らしいところばかりだと思ってても最後には素晴らしいと思っていたことが決定的な欠点になってたりもするし。まあこれが熟年離婚の原因になるとかよくテレビで言ってたりするから普遍的な感情だと思うんだけど。まあそれはそうとして、嫌いなものをすぐに嫌いだと表明するからなのかもしれない。ブロッコリーきらーい、マヨネーズきらーい、サチモスきらーい、池袋きらーい、わざわざ一眼で撮った写真をインスタグラムに上げるやつきらーい、みたいな。しかもそれに大した理由なんかないし、ブロッコリーとマヨネーズ以外は。でも、付き合いが長い人やものには愛とか情が湧きやすいチョロチョロパーソナリティだし、身内には甘いので一眼で撮ったブロッコリーにマヨネーズをつけて食べている写真を池袋で撮ってご丁寧に位置情報まで添えてインスタグラムにアップロードしてても許しちゃう。ああ、これ自分語りだ。嫌い。